self portrait type c

self portrait type c

2022

ガラス、ウェット・コロジオン

89mm × 63mm

「大正時代の私」、「死んで遺影となった私」。

湿板写真でセルフポートレートを撮影した。ガラスを研磨するところから始めて、溶液の製作、撮影、現像、定着、洗浄、全てのプロセスを一つの小さな部屋で行なった。像を写した硝子板は、その撮像プロセスを再現内包しているような厚みを持つ。

硝子板を見て、「大正時代のように」、もしくは、「亡くなった遺影のように見える」と皆一様に言う。確かに、私はこの写真を2022 年に撮影した。私は大正時代にはいないし、私は死んでおらず生きている。だが、私は大正時代の人として、もしくは、亡くなった後の遺影として、私の目の前に現れている。

写真が別の空間を作り、その空間に像を現すものだということを、湿板写真は伝えてくれる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中